AKVIS Magnifier AI ワークスペース

ワークスペース

AKVIS Magnifier AIは、独立したスタンドアロン プログラムとしても、Adobe Photoshop と Photoshop Elements のプラグインとしても使用できます。プラグイン版は自動処理機能をサポートしています。

AKVIS Magnifier AI のワークスペースは次のように表示されます。

AKVIS Magnifier AI のワークスペース
AKVIS Magnifier AI のワークスペース

プログラムウィンドウ:

AKVIS Magnifier AI のワークスペースの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前]と[処理後]の 2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには変換後の画像が表示されます。変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージ上の任意のポイントをクリックしてください。

イメージウィンドウ[処理前][処理後] タブの表示方法は、左側パネル下部の表示モードで変更できます。

 

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

 

イメージ ウィンドウの左側には、以下のボタンを含むツールバーがあります。

下部には、イメージ ウィンドウの表示に関する3種類のボタンがあります。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するには ナビゲーターを使用します。ナビゲーターには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在イメージウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージウィンドウに表示されません。表示されていない部分を表示するには、赤枠をドラッグします。赤枠を動かすには、ナビゲーターの赤枠の内側にカーソルを置き、目的の位置までドラッグするだけです。

ナビゲーター
ナビゲーター

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースキーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスホイールを使用するとイメージは上下に動き、Ctrlキー(Mac の場合 キー) を押しながらマウスホイールを使用すると左右に動きます。Altキー(Mac の場合 Optionキー) を押しながらマウホイールを使用すると、拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーを使用して、イメージ ウィンドウ内のイメージを拡大/縮小することができます。スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、[拡大/縮小]欄に値を入力してイメージを拡大/縮小することもできます。プルダウンメニューには、使用頻度の高い値が表示されます。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。+ または Ctrl++キー(Mac の場合は ++キー) で拡大、- または Ctrl+-キー (Mac の場合は+-キー) で縮小します。

 

ナビゲーターの下には、詳細な画像処理パラメーターを含む設定パネルがあります。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

設定パネルの下のヒントは、パラメーターやボタンにカーソルを合わせると該当する情報が表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定は、プログラムの[環境設定]で行うことができます。

 

Magnifier AI v. 11.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード