AKVIS Noise Buster: デジタルノイズリダクション: 操作方法
 

 
ニュースを購読する:
   プログラム   ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報     お客様の部屋
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Noise Buster

操作方法

 

AKVIS Noise Busterは、輝度カラーノイズの除去を、画像の他の部分を傷つけずに行います。ソフトウェアは、独立したスタンドアロン プログラムとして、また、ご使用のフォトエディタのプラグインとしても機能します。

AKVIS Noise Buster での画像処理前後の違いを見比べてみてください。

    AKVIS Noise Buster での処理実行前 AKVIS Noise Buster での処理実行後
    AKVIS Noise Buster での処理実行前 AKVIS Noise Buster での処理実行後

AKVIS Noise Buster を使用して画像のノイズを除去するには、以下の手順に従ってください。

  • ステップ1: イメージを開きます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネル をクリックすると、[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。プログラムがサポートする画像形式は、JPEGTIFFBMPPNGRAWです(CRW、NEF、ORF、PEF 等 - 一覧はこちらをご覧ください)。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。

    - プラグイン版で作業する場合:

    [ファイル] > [開く]コマンドを実行するか、ホットキーのCtrl+O (Macintoshでは +O)を使用して、お使いのフォトエディタでイメージを開きます。

    AKVIS Noise Busterプラグインを呼び出します。 Adobe Photoshopの場合は、[フィルタ] > [AKVIS] > [Noise Buster]Corel Paint Shop Proでは、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Noise Buster]Corel Photo-Paintでは、[効果] > [AKVIS] > [Noise Buster] をそれぞれ選択して呼び出します。

    元の画像(デジタルノイズ有り)
  • ステップ2: プログラムを開くと、画像はデフォルトにより設定されている自動フィルタリング プリセットでの処理が行われます。

    自動フィルタリング は、4種類のノイズ抑制パラメータを調整して、特定のノイズに最も適した設定を指定します。

    フィルタリングの結果は、[処理前]タブのプレビュー領域に表示されます。

    プレビュー領域は、点線枠で表示されます。この枠は、ドラッグしたり、イメージ上の任意の位置に新たに描画して、他の部分を確認することができます。

    自動フィルタ後

    処理結果とオリジナル画像を比較するには、プレビュー領域内をクリックします。

    プレビュー領域の大きさは、環境設定 で変更できます。

    をクリックして、イメージ全体の処理を実行します。画像全体のフィルタリングは、[処理後]タブをクリックした時にも実行されます。

    処理実行後は、イメージ上をクリックすると、[処理前]/[処理後] タブの切り替えることができます。

  • ステップ3: 自動フィルタリング での実行結果に満足できない場合は、設定を調整します。

    ノイズ除去の課題は、 詳細を維持しながらノイズを低減させる方法を見つけることです。また、視覚認知の心理的特性を考慮に入れることも重要な鍵です。元の写真と処理後の写真を比較する際は、詳細だけでなく全体的印象にも注意を払うようにしてください。写真の見栄えが悪くなるのは、必ずしも、ノイズの量だけが原因ではありません。写真の滑らかさによっても視覚的印象が変わります(たとえば、人物写真の皮膚組織を細部まで表現することは必要とされません)。

    ノイズ除去パラメータの調整

    カラー写真のノイズは、輝度ノイズカラーノイズに分けられます。

    輝度ノイズは暗いドットや小さなシミのように見え、カラーノイズは異なる色彩を持つ領域上に現れる色付きの斑点です。カラーノイズは、「色彩ノイズ」と呼ばれることもあります。

    設定の下に表示されるヒストグラムは、元の写真のノイズ レベル等をグラフィックで表現したものです。灰色の部分は、輝度ノイズ、赤い部分はカラーノイズを表しています。ヒストグラムが左よりであればあるほど、ノイズ レベルが高いことを意味します。逆に、ヒストグラムが右よりであればあるほど、ノイズ レベルは低いことを意味します。ヒストグラムの高さは、そのノイズ レベルでピクセル数を表します。パラメータを調整する際に、ヒストグラムの右側に表示される、ノイズの多いピクセルに注意するようお勧めします。左側には、ノイズの低いピクセル(自然な背景として認識されるもの)が表示されます。

    ノイズ除去(輝度ノイズ/カラーノイズ) を行う場合に使うパラメータは、[ノイズ レベル][スムーズ レベル]の2種類です。

    • [ノイズ レベル]:写真のどの要素がノイズ (輝度ノイズまたはカラーノイズ) で、どの要素が重要な詳細であるかを定義します。パラメータ値が高いと、細かい詳細までノイズとして判断されますので、滑らかな仕上がりになります。
    • [スムーズ レベル]:ノイズとして定義された要素をどの程度まで滑らかにするかを設定します。パラメータ値が高くなるにつれて、フィルタ結果はより滑らかになります。しかし、あまり高い値を設定すると、詳細が失われ、立体感が失われてしまうことがあります。カラーノイズに対して[スムーズ レベル]の値を高く設定すると、色彩の変化や小さな色詳細が失われることがあります。

    メモ: グレースケール画像では、カラーコンポーネントが存在しないため、カラーノイズも存在しません。グレースケール画像のノイズを除去する場合、[輝度ノイズ]パラメータを調整するだけで十分でしょう。

    注意: ヒストグラムは、画像のノイズ レベルをグラフィックで表現しただけです。そのため、設定の変更とともに、変更するものではありません。ヒストグラムは、ノイズ レベルの見積もりを助け、どのパラメータを調整すべきか判断する際に役立ちます。

    • [フェード]:フィルタ処理後の写真と元の写真の混合率を設定しているパラメータです。パラメータ値の範囲は 0~100% です。100% に設定すると、ノイズとして定義されたすべての要素が [スムーズ レベル]のパラメータ値に従って滑らかに処理されます。左にスライドさせる (低い値に設定する) につれて、元の写真のノイズがフィルタ処理後の写真に混合されていきます (0% では、フィルタ処理は行われません)。たいていの場合、処理前のノイズを少し残したほうが、細かな詳細も保たれ、より自然な仕上がりが得られます。

    主なパラメータに加え、[詳細を鮮明に]グループに分類されているパラメータが提供されています。

    • [微詳細]:画像ないに小さな詳細をレストアします。デフォルトの値による処理でも十分満足のいく結果が得られますが、より鮮明にするために、パラメータを調整することができます。
    • [エッジの強度]:エッジや境界線をノイズを引き立たせることなく、鮮明にします。値が高いほど、強い効果が得られ、エッジ部分が鮮明でくっきり表示されるようになります。
    • [鮮明さ]:隣接するピクセルのコントラストを変えることができます。 このパラメータの使い方を間違えてしまうと、ノイズのある画像に戻ってしまうことがあります。
  • ステップ4: をクリックして、イメージ全体の処理を実行します。

    フィルタ設定を画像に適用
  • ステップ5: さらに、[処理後]タブの後処理ツールスマートぼかしツール 履歴ブラシツール )も使用できます。

    注意: パラメータを変更し、再度画像の処理を実行すると、後処理ツールを使った処理は失われます。

    • スマートぼかしツール は、アウトラインや詳細を維持しつつ、粒子やノイズを滑らかにします。このツールは、Home DeluxeBusiness ライセンスでのみ利用できます。
    • 履歴ブラシツール は、あるツールを適用した部分を適用前の状態に戻すことができます。このツールは誰でも利用できます。
  • ステップ6: お好みの設定内容をプリセットとして保存し、後で使用することができます。プリセットは、バッチ処理モードで作業を行う際にも、非常に便利です。

    プリセットを保存するには、[プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。各種パラメータの値を変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、プリセットの初期設定に戻すことができます。

    プリセットを削除するには、一覧から目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

    プリセットを指定してイメージを処理するには、ドロップダウン メニューから選択し、 をクリックします。

  • ステップ7: 処理したイメージを保存します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) を選択し、保存先フォルダを選択します。

    - プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダの指定を行ないます。

    処理結果画像

    AKVIS Noise Busterのスタンドアロン版では、画像を印刷することもできます。印刷するには、 ボタンをクリックし、印刷設定 を調整して、[印刷]をクリックします。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — バッチ処理 — バッチ処理
   — 環境設定  — 環境設定
操作例 操作例
   — カバー ガール — カバー ガール
   — スキャン時に生じたモアレの除去 — スキャン時に生じたモアレの除去
   — スタジオ写真上のノイズの低減 — スタジオ写真上のノイズの低減
   — カラー ノイズの低減 — カラー ノイズの低減
   — ISO とノイズ — ISO とノイズ

 

Noise Buster v. 9.0 - 10 日間の評価期間:  ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

   プライバシー | Web サイトの検索 | 連絡先    
   Twitter | Facebook | YouTube | Forum    
| English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  | © 2004-2014 AKVIS. All Rights Reserved.