デジタルノイズリダクション - AKVIS Noise Buster: ワークスペース

ワークスペース

AKVIS Noise Busterは、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

AKVIS Noise Buster のワークスペースは次のように表示されます。

AKVIS Noise Buster のウィンドウ

ワークスペースの特徴

AKVIS Noise Buster のワークスぺースの大部分はイメージ ウィンドウで、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには処理結果が表示されます。変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージ上の任意のポイントをクリックしてください。

[処理後]タブが選択されている場合、現在の設定でイメージの処理を実行します。

イメージウィンドウ[処理前]、[処理後]タブの表示方法は、左側パネル下部の表示モードで変更できます。

表示モード

ウィンドウの上部には、コントロールパネルがあります。

メイン ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。各ツールのパラメーターはイメージ内を右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

事前処理ツール ([処理前] タブ):

後処理ツール ([処理後] タブのみで利用可能):

注意:[処理前]タブに切り替えて[実行]ボタン をクリックすると、編集内容が失われてしまいます!

その他のツール:

画像の表示位置の移動や拡大/縮小を行うには、ナビゲーターを使用します。ナビゲーターには、イメージの縮小版が表示されます。イメージ ウィンドウに表示されている領域が枠で囲まれ、表示されていない枠外の領域はグレー表示になります。画像の別の部分をイメージ ウィンドウに表示したい場合は、枠をドラッグします。枠を移動するには、枠の内側にカーソルを置き、クリックしたままカーソルを移動させます。

ナビゲーター ウィンドウ

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースキーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrlキー(Mac OS の場合は)キーを押しながらの場合は左右に動きます。Alt(Mac OS の場合はOption)キーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

とスライダーを使用して、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。イメージ ウィンドウ内のイメージは、 をクリックするか、スライダーを右へ移動すると拡大され、 をクリックするか、スライダーを左へ移動すると縮小されます。

フィールドに拡大/縮小率の数値を直接入力することもできます。よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

+Ctrl++キー(Mac OS の場合は++)キーを押しながらの場合は拡大され、-Ctrl+-キー(Mac OS の場合は+-)キーを押しながらの場合は縮小されます。

設定パネル には、手動での調整の差異に使用する各種パラメーターがあります。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムを起動すると、Auto Filtering プリセットがデフォルトで使用されます。

設定パネル の下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒント が表示されます。

 

Noise Buster v. 10.2 - 10日間の評価期間    ダウンロード