デジタルノイズリダクション - AKVIS Noise Buster: ワークスペース
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Noise Buster

ワークスペース

 

AKVIS Noise Busterは、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

  • スタンドアロン は独立したプログラムでプログラムのアイコンをクリックして開くことができます。

    スタンドアロン版を起動する方法:

      Windows コンピューターの場合: [スタート] メニューまたはプログラムのショートカットを使用します。

      Macintosh コンピューターの場合: [アプリケーション]フォルダーからアプリを起動します。

  • プラグインは、Photoshop等のフォトエディターのアドオンとして動作します。

    プラグイン版を呼び出すには、イメージエディターのフィルターから選択します。

AKVIS Noise Buster のワークスペースは次のように表示されます。

AKVIS Noise Buster のウィンドウ

ワークスペースの特徴

AKVIS Noise Buster のワークスぺースの大部分はイメージ ウィンドウで、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには処理結果が表示されます。変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージ上の任意のポイントをクリックしてください。

[処理後]タブが選択されている場合、現在の設定でイメージの処理を実行します。

イメージウィンドウ[処理前]、[処理後]タブの表示方法は、左側パネル下部の表示モードで変更できます。

表示モード

ウィンドウの上部には、コントロールパネルがあります。

  • : AKVIS Noise Buster のホームページに移動します。
  • : イメージを開きます(スタンドアロン版のみ)。

    このボタンを右クリックすると、最近使用したファイルの一覧が表示されます。表示するファイル数をプログラムの[環境設定]で変更することもできます。

  • : 処理したイメージをディスクに保存します(スタンドアロン版のみ)。
  • : イメージを印刷します(スタンドアロン版のみ)。
  • : プログラムから、Twitter、Flickr、Google+、Dropbox 等のソーシャル ネットワークに写真を投稿して共有できます。
  • ボタン(スタンドアロン版のみ) : 画像をまとめて自動変換できるバッチ処理ダイアログを開きます。
  • : 最後の操作を取り消します。このボタンを複数回クリックすることで、複数の操作をキャンセルできます。このコマンドに対するホットキーは、Ctrl+Zキー、Mac OS の場合+Zキー)を押します。
  • : の実行で取り消した変更をレストアします。
  • : イメージ全体のフィルタリングを起動します。このボタンをクリックする前は、フィルタリングの結果がプレビュー領域にのみ表示されます。
  • : フィルタリング結果をイメージに適用し、AKVIS Noise Buster ウィンドウを閉じます(プラグイン版のみ)。
  • : バージョン情報を開きます。
  • : このプログラムのヘルプファイルを開きます。
  • : プログラムのオプション設定を変更するための[環境設定]ダイアログボックスを開きます。

メイン ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。各ツールのパラメーターはイメージ内を右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

事前処理ツール ([処理前] タブ):

  • : クイック プレビュー領域のオン/オフ(表示/非表示)を切り替えます(詳細はこちら)。
  • : スタンドアロン版のみになりますが、切り取りツールを有効にし、画像内の不要部分の切り取りを行うことができます。

後処理ツール ([処理後] タブのみで利用可能):

注意:[処理前]タブに切り替えて[実行]ボタン をクリックすると、編集内容が失われてしまいます!

  • : 指先 ツールを有効にし、不自然なペイント部分を手動で取り除くことで、仕上がりをよくできます。
  • : 履歴ブラシツールを有効にし、あるツールを適用した部分を適用前の状態に戻すことができます。
  • : 高性能なぼかしツールを有効にし、アウトラインや詳細を維持しつつ、粒子やノイズを滑らかにします。このツールは、Home Deluxe と Business ライセンスでのみ利用できます。

    ツールのパラメーター:

      [サイズ]は、ツールの直径を設定できます。

      [硬さ]は、ツールのエッジ部分のぼかし具合を指定します。値が低いほど、ツールのエッジ部分はぼかしがかかったものになります。

      [強度]は、イメージに適用されるツールの強度を設定します。

その他のツール:

  • : 手のひらツールを有効にし、画像を動かしてイメージウィンドウに表示されていない部分を表示できます。実際にツールを使用するには、画像上でクリックしたままドラッグして表示画像を動かします。
    ツールバー上にあるツールのアイコンをダブルクリックすると、イメージは、イメージウィンドウに合わせたサイズで表示されます。
  • : ズームツールを有効にし、イメージの表示サイズを変更します。クリックすると、ズームイン(拡大)します。右クリックすると、ズームアウト(縮小)します。Zキーを押すと、クリックなしで、ズームツールに切り換えられます。
    ツールバー上にあるツールのアイコン をダブルクリックすると、イメージが100%の倍率(実際の大きさ)で表示されます。

画像の表示位置の移動や拡大/縮小を行うには、ナビゲーターを使用します。ナビゲーターには、イメージの縮小版が表示されます。イメージ ウィンドウに表示されている領域が枠で囲まれ、表示されていない枠外の領域はグレー表示になります。画像の別の部分をイメージ ウィンドウに表示したい場合は、枠をドラッグします。枠を移動するには、枠の内側にカーソルを置き、クリックしたままカーソルを移動させます。

ナビゲーター ウィンドウ

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースキーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrlキー(Mac OS の場合は)キーを押しながらの場合は左右に動きます。Alt(Mac OS の場合はOption)キーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

とスライダーを使用して、イメージウィンドウ内のイメージを拡大/縮小できます。イメージ ウィンドウ内のイメージは、 をクリックするか、スライダーを右へ移動すると拡大され、 をクリックするか、スライダーを左へ移動すると縮小されます。

フィールドに拡大/縮小率の数値を直接入力することもできます。よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

+Ctrl++キー(Mac OS の場合は++)キーを押しながらの場合は拡大され、-Ctrl+-キー(Mac OS の場合は+-)キーを押しながらの場合は縮小されます。

設定パネル には、手動での調整の差異に使用する各種パラメーターがあります。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムを起動すると、Auto Filtering プリセットがデフォルトで使用されます。

設定パネル の下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒント が表示されます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法 — 操作方法
   — スケッチ パラメータ — スケッチ パラメータ
   — バッチ処理 — バッチ処理
   — 環境設定  — 環境設定
操作例 操作例
   — カバー ガール — カバー ガール
   — スキャン時に生じたモアレの除去 — スキャン時に生じたモアレの除去
   — スタジオ写真上のノイズの低減 — スタジオ写真上のノイズの低減
   — カラー ノイズの低減 — カラー ノイズの低減
   — ISO とノイズ — ISO とノイズ

 

Noise Buster v. 10.2 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー