AKVIS Refocus AI プログラムのワークスぺ―ス

ワークスペース

AKVIS Refocus AI は、独立したスタンドアロン プログラムとして、また、ご使用のフォトエディターのプラグインとしても機能します。

AKVIS Refocus AI のワークスペースは次のように表示されます。

AKVIS Refocus AI ワークスペース

プログラム ウィンドウの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前][処理後] の 2つのタブで構成されています。[処理前] タブには元のイメージが表示され、[処理前] タブには処理済みのイメージが表示されます。タブを切り替える場合は、Tabキーを押すか、マウスでクリックします。

イメージ ウィンドウと [処理前]、[処理後] タブの表示方法は、左側パネル下部の表示モードで変更できます。

表示モード

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロールパネルがあります。

 

イメージ ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。各ツールのパラメーターは設定パネルとイメージ ウィンドウ内を右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

 

リフォーカス AI モードモーションぼかし放射状ぼかし:

 

アイリスぼかしと逆ティルト効果モード:

 

その他のツール:

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲーターを使用します。ナビゲーターには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。表示されていない部分に赤枠を重ねると表示できます。赤枠を動かすには、ナビゲーターの赤枠の内側にカーソルを置き、目的の位置までドラッグするだけです。

ナビゲーター

さらに、スクロールバーの使用、キーボードのスペースバーとマウスをクリックしたままイメージをドラッグすることで、イメージ ウィンドウ内に表示されるイメージを変えることができます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrl (Macでは )キーを押しながらの場合は左右に動き、Altキー (Macでは Option)を押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーを使用して、イメージ ウィンドウ内のイメージを拡大/縮小することができます。スライダーを右に動かすと拡大され、左に動かすと縮小されます。

さらに、[拡大/縮小] 欄に値を入力してイメージを拡大/縮小することもできます。よく使用する倍率の値はドロップダウンメニューにも用意されています。

ホットキーを使用して、画像を拡大/縮小することもできます。拡大する場合は +キーおよび Ctrl++キー (Macでは ++キー)、縮小する場合は -キーおよび Ctrl +-キー (Macでは +-キー)を使用します。

 

ナビゲーターの下には、設定パネルがあり、フォーカスの設定に関連するパラメーターを調整できます。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

設定パネルの下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合にヒントが表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定はプログラムの環境設定で行うことができます。

 

Refocus AI v. 11.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード