AKVIS Refocus AI: アイリスぼかしモード

アイリスぼかしモード

アイリスぼかしモードは、被写体のピントを維持しつつ、背景をぼかすことにより、浅い被写界深度効果が適用されます。逆ティルト効果モードとは異なり、鮮明にする領域の形(楕円、長方形)を指定できます。

プロのカメラマンであれば、この効果を得るために開口の大きさを調整したり、レンズを変えたりします。しかし、AKVIS Refocus AIを使えば、ぼかした背景がワンクリックで作成できます。

元のイメージ アイリスぼかし
アイリスぼかしモード

注意: このモードは、Home Deluxe版と Business版でのみ利用できます。ライセンスの比較はこちらを参照してください。

効果を適用するには、以下の手順を実行します。

ステップ1:  プレビューオプションを調整します。

効果領域またはパラメーターを変更する度に自動的に処理が開始されます。

パラメーターを調整した場合、フルサイズ処理を実行して、各種設定が最適かどうかを確認することをお勧めします。[フルサイズ処理]オプションを選択するか、 をクリックして、イメージ全体の処理を実行します。

ステップ2:  ぼかし領域ツール を有効にし、[処理後]タブに表示される効果領域のマーカーを調整します。

ぼかし効果領域

効果領域を移動させる場合、ぼかしが適用されていない領域にカーソルを移動 (カーソルが、4方向の矢印 に変化) し、ドラッグします。

いずれかの領域のサイズを変更する場合、該当する領域の線にカーソルを移動 (カーソルが両方向の矢印 に変化) し、ドラッグします。

領域を回転、引き伸ばし、圧縮するには、線上のマーカーにカーソルを移動(カーソルが丸みを帯びた両方向の矢印 に変化)し、ドラッグします。

効果領域の形を変更するには、四角のマーカーをドラッグします。

ぼかし効果領域を調整

ヒント: ラインを隠すには、 ツールを無効にします。

ステップ3: すぐに利用可能な (選択するだけ) プリセットを使用するか、パラメーターを手動で調整します。

[ぼかし]パラメーターは、 ぼかし効果の強度を設定します。値が高いほど、ぼかしが強くなります。

ぼかし = 25
ぼかし = 25
ぼかし = 50
ぼかし = 50

ステップ4: ぼかし領域内の光源 (光の点) は明るいグレアとなります。デフォルト設定でのグレアは、ディスクのような円形になります。

ぼかし領域内の光源については、[ぼけ味]パラメーターを調整します。

[グロー]パラメーターを調整することにより、光源の明るさや彩度に変化を与えることができます。

アイリスぼかし効果
アイリスぼかし効果

ステップ5:  をクリックすると、イメージ全体の処理が開始されます。

ステップ6:  お好みの設定をプリセットとして保存し、後で使用することができます。

注: プリセットは、設定パネルのパラメーターの値を保存するのであって、効果領域を保存するわけではありません。

 

Refocus AI v. 11.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード