AKVIS ArtWork: パステル

パステル

パステル効果では、水彩画とスケッチ画の間にできる隙間を埋めることのできる特別な技法を模倣します。パステルチョークを使うと、淡いエッジでソフトで滑らかなストロークを描くことができます。 ul>

注意: パステル画法は、Home Deluxe版と Business版でのみ利用できます。試用期間にすべての機能をお試しいただけます。

元のイメージ Pastel Drawing From Photo
写真をパステル画に変換

[ペイント]タブには、写真をパステル画に変換するための各パラメーターが用意されています。

効果パラメーター:

ストロークの太さ (設定可能な範囲は 0-100): ストロークの太さを設定します。

細いストローク
ストローク幅 = 1
太いストローク
ストローク幅 = 70

ストローク最小長/最大長 (設定可能な範囲は 1-100): 使用するストロークの長さの範囲を設定します。ストロークの長さは、同じスケール内の2つのスライダーで設定を行います。左のスライダーはストロークの最小長を、右のスライダーはストロークの最大長をそれぞれ設定します。ストロークの長さは、必ず最小長より長く、最大長より短くなり、2つのスライダーの間の長さのみ使用されます。

このパラメーターにより、様々なスタイルのパステル画を描画できます。短いストロークを使ったスケッチ (細い鉛筆を使用したような効果) から、ソフトで滑らかなストロークを持つ絵まで様々です。

ストローク (短)
ストローク最小長/最大長 = 1/11
ストローク (長)
ストローク最小長/最大長 = 45/100

ストロークの強度 (設定可能な範囲は 0-100): ストロークが目に見える度合いを設定します。低い値では、薄く、弱々しく、ソフトなストロークになります。高い値では、それぞれのストロークにより多くの顔料粒子が集中し、濃く、大きなストロークになり、識別しやすくなります。

強度 (弱)
ストロークの強度 = 5
強度 (強)
ストロークの強度 = 80

密度 (設定可能な範囲は 0-100): 画像内のストロークの数を設定します。値が高いほど、画像内のペイントされていない部分が少なくなります。すべての隙間がペイントされると、何層か重ね塗りを行うため、光沢のある仕上がりになります。

注意: 高い値を設定するほど、処理に時間がかかります。

ストローク (少)
密度 = 5
ストローク (多)
密度 = 80

明るさ (設定可能な範囲は 0-100): 画像の上から重ねる白いストロークの数を設定します。値が高いほど多くの明るいトーンのストロークが使用されます。

暗いトーン
明るさ = 10
明るいトーン
明るさ = 80

滑らかさ (設定可能な範囲は 1-10): ストロークの太さの変化やぼかしによって画像の構造に変化を与えます。

単純化 (弱)
滑らかさ = 2
単純化 (強)
滑らかさ = 10

その他のツール:

[処理前]タブ:

[処理後]タブ:

注意: これらのツールは、Home Deluxe版と Business版でのみ利用できます。

 

ArtWork v. 12.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード