オリジナル フレームの作成 - AKVIS ArtSuite

オリジナル フレームの作成

このチュートリアルの作成者は、Irina Vesninaさんです。

AKVIS ArtSuite を使って、オリジナルのフレーム、クラシック フレーム、模様を使ったフレームの作成ができます。

元のイメージ
元のイメージ
フレームに使用する画像
フレームに使用する画像
結果
結果

クラシック フレーム

ステップ1:フレームに使用する画像を用意します。画像サイズに規定はなく、 JPEGBMPTIFFまたはPNG 形式のものが使用できます。

サンプル 1 サンプル 2
テクスチャのサンプル

ステップ2: AKVIS ArtSuite のスタンドアロン版を起動します。フレームの元となる画像を開くには、空き領域をダブルクリックするか、コントロールパネルをクリックします。

ステップ3: 設定パネルクラシック フレームを選択します。

AKVIS ArtSuiteで元のイメージを開く
AKVIS ArtSuiteで元のイメージを開く

ライブラリには、様々なテクスチャやパターン(模様)がグループに分けられています。

オリジナルのテクスチャを ArtSuite に読み込むには、一覧から<カスタム>…を選択します。

テクスチャを読み込むためのダイアログが表示されます。

ステップ4: テクスチャのサイズ変更、反転、明るさの調整、フレーム全体の反転などの設定により、フレームの見た目が変わります。

その結果は次のようになります。

画像サンプル 1
画像サンプル 2

多様なフレーム

パターンフレーム

ステップ1: フレームに使用する画像を用意します。より良い結果を得るには、透明な背景を持つPNG形式の四角い画像の使用が推奨されます。該当する画像がない場合、どんな画像でもかまいません。

サンプル 3 サンプル 4
テクスチャのサンプル

ステップ2: AKVIS ArtSuiteのスタンドアロン版を起動します。画像を開くには、空き領域をダブルクリックするか、コントロールパネル をクリックします。 ステップ3:設定パネルパターンフレームを選択します。

AKVIS ArtSuiteで元のイメージを開く
AKVIS ArtSuiteで元のイメージを開く

オリジナルのテクスチャを ArtSuite に読み込むには、ライブラリの一覧から<カスタム>…を選択します。

テクスチャを読み込むためのダイアログが表示されます。

ステップ4:テクスチャの回転、フレームの色を追加、明るさの調整を行って、フレームの見た目を変えることができます。

その結果は次のようになります。

画像サンプル 3
画像サンプル 4

多様なフレーム

 

ArtSuite v. 19.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード