プリセットの操作方法

プリセットの操作方法

AKVISでは、お好みの設定をプリセットとして保存し、後で使用することができます。

プリセットのインポート/エクスポートができます。

 

プリセットのエクスポート:

  1. コントロール パネル (プリセットのエクスポート) をクリックします。
  2. [ユーザ定義のプリセット]ダイアログボックスにて、エクスポートするプリセットを指定します。[すべて選択]をオンにすると、一覧のプリセットがすべて選択できます。[すべて選択]をオフにクすると、一覧のプリセットの選択がすべて解除できます。

    ファイルにエクスポートするプリセットの選択
  3. [エクスポート]ボタンをクリックします。
  4. [プリセットのエクスポート]ダイアログボックスにて、ファイル名を入力し、保存先フォルダを指定し、[保存]ボタンをクリックします。

注意: AKVISプリセットをファイルに保存することはできません。

 

プリセットのインポート:

  1. コントロール パネル (プリセットのインポート)をクリックします。
  2. [プリセットのインポート]ダイアログボックスにて、の拡張子が付いたファイルを指定し、[開く]ボタンをクリックします。
  3. [ユーザ定義のプリセット]ダイアログボックスにて、一覧から目的のプリセットを選択します。[すべて選択]をオンにすると、一覧のプリセットがすべて選択できます。[すべて選択]をオフにクすると、一覧のプリセットの選択がすべて解除できます。

    ファイルからインポートするプリセットの選択
  4. ファイルから他のプリセットをインポートする前に、プログラムに保存されているプリセット一覧をクリアする場合、[インポート前にすべて削除]をオンにします。

    注意: AKVISプリセットを一覧から削除することはできません。

  5. [インポート前にすべて削除]がオフの場合、プリセットをインポートする方法を次のいずれかから指定します。

    置き換える - このオプションを選択した場合、一覧にあるプリセットとファイル内のプリセットの名前が一致するときに、ファイル内のプリセットで上書きされます。

    名前を変更して追加する - このオプションを選択した場合、ファイル内のプリセットと一致する名前は変更され、プログラム内のプリセット一覧に追加されます。

    プログラム内のプリセット一覧のプリセット名と一致しないプリセットは、一覧の最後尾に追加されます。

  6. [インポート]ボタンをクリックします。