AKVISチュートリアル: パターン フレーム

パターン

パターン フレーム は、イメージの周りに規則的に生成されたパターンで構成されています。[テクスチャ ライブラリ]のサンプル、または背景が透明なユーザ独自のオブジェクトをパターンとして使用できます。

パターン フレーム

 

プログラムには、豊富なテクスチャ コレクションが用意されています。パターン フレーム用のパターンは、[テクスチャ ライブラリ]の[パターン]フォルダにあります。

テクスチャ ライブラリ

フレーム用のテクスチャは[テクスチャ ライブラリ]から選択します。

テクスチャ ライブラリ

 

設定パネルには、このフレームに対する次のパラメータが用意されています。

 

[フレーム幅] (1-100): このパラメータはフレームの幅を設定します。

Thin Frame Wide Frame
フレーム幅 = 20 フレーム幅 = 60

[テクスチャの明るさ] (-100..100): このパラメータでは元のテクスチャの明るさを変更できます。フレームを暗くするにはパラメータの値を0以下に、明るくするには0以上に設定します。

Dark Frame Light Frame
テクスチャの明るさ = -100 テクスチャの明るさ = 100

 

テクスチャを垂直に反転 : このボタンを有効にすると、水平な線を軸にテクスチャが反転します (上下が反転します)。

[テクスチャを垂直に反転]ボタンが無効 [テクスチャを垂直に反転]ボタンが有効
[テクスチャを垂直に反転]ボタンが無効 [テクスチャを垂直に反転]ボタンが有効

テクスチャを水平に反転 :このボタンを有効にすると、垂直な線を軸にテクスチャが反転します (左右が反転します)。

[テクスチャを水平に反転]ボタンが無効 [テクスチャを水平に反転]ボタンが有効
[テクスチャを水平に反転]ボタンが無効 [テクスチャを水平に反転]ボタンが有効

フレームの角や側面のテクスチャ レイアウト方法は何通りかあります。

  1. 回転なし ([テクスチャを回転]ボタン が無効)。
  2. サイドのテクスチャを回転して、コーナーでは回転なし ([テクスチャ回転]ボタン が有効、[テクスチャをコーナーで回転]ボタン が無効)。
  3. テクスチャを角とサイドで回転 ([テクスチャ回転] および[テクスチャをコーナーで回転] ボタンが有効)。

回転なし テクスチャを回転 コーナーでテクスチャを回転
回転なし テクスチャを回転 コーナーでテクスチャを回転

 

ランダムなパターン: チェックボックスをオンにすると、ランダムに選択したオブジェクトを使用したパターン フレームが生成されます。

ランダム パターンを4種類使用して作成したフレーム
ランダム パターンを4種類使用して作成したフレーム

カウント (設定可能範囲は 2-20):フレームを作成するためにテクスチャ ライブラリからとられたパターンの数。

2 要素 10 要素
カウント = 2 カウント = 10

乱数開始値 (設定可能範囲は 0-9999):乱数発生器の最初の数値、乱数生成の基となる値です。それぞれの数は、パターンの分布と特定の設定を表します。

ランダム パターン フレーム
ランダム パターン フレーム