AKVIS MakeUp: 滑らかさ

滑らかさ

最初の3つのパラメータは、小さな肌トラブルを取り除いて解決することで、イメージ全体の印象を良くします。

ヒント: 効果を高めるには[効果領域]を使ってトーンマスクを編集します。

 

滑らかさ:

 

トーンマスク:

トーンマスクの作成方法は、自動手動の2種類があります。自動の場合、プログラムが自動で顔の範囲を検出しますが、手動の場合、プログラムがマスク生成に使用する肌の色を選択する必要があります。

イメージ内かから色を選択するには、3つ並んでいる四角いセルのいずれかをクリックします。セルをクリックするとそのセルには四角い点線が表示されます。その後カーソルをイメージへドラッグしますが、イメージ上ではカーソルがスポイトに切り換わります。色の選択は、使用する色の顔の部分を探し、そこをクリックするだけです。セルをダブルクリックすると、標準的な色選択ダイアログが表示されます。セルを右クリックすると、色は削除されます。

Creating a Mask

プログラムに読み込まれたイメージには、自動的にフェイスマスクが作成されます。このマスクは肌修正の処理に使用されます。デフォルトの設定で、元のイメージとは別にマスクが表示されることはありません([マスク表示]モード: なし)。

マスクを白い背景黒い背景透明な背景のいずれかで表示する場合は、[マスク表示]モードのドロップダウンリストから選択します。

[マスクの表示]モード
[マスクの表示]モード

白い背景とマスク 黒い背景とマスク 透明な背景とマスク
白い背景とマスク 黒い背景とマスク 透明な背景とマスク

 

マスクを表示することで、処理がどこに適用されるかを視覚的に確認できます。 さらに、Deluxe 版または Business 版をご利用の場合、手動マスク修正ツール (非効果領域 ツール 効果領域 ツール 消しゴム ツール )も利用できるようになります。

ツールのオプション

 

[トーンマスク]領域にある各パラメータを設定します。

 

MakeUp v. 5.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード