チュートリアル: AKVIS Drawのワークスペース

ワークスペース

AKVIS Drawは、独立したスタンドアロン プログラムとしても、お使いのフォトエディタのプラグインとしても使用できます。

AKVIS Draw のウィンドウは、以下のような外観をしています。

AKVIS Draw ワークスペース
AKVIS Drawのワークスペース

 

プログラム ウィンドウの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには変換後の結果をが表示されます。タブを切り換えて、変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージ上の任意のポイントをクリックしてください。

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

 

イメージ ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。

事前処理ツール ([処理前] タブ):

後処理ツール ([処理後]タブ):

その他のツール:

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲータ ウィンドウを使用します。ナビゲータ ウィンドウには、イメージの縮小版が表示されます。赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。表示されていない部分に赤枠を重ねると表示できます。赤枠を動かすには、ナビゲータ ウィンドウの赤枠の内側にカーソルを置き、目的の位置までドラッグするだけです。

ナビゲータウィンドウ
ナビゲータウィンドウ

さらに、スクロールバーを使ったり、キーボードのスペースバーとマウスの左ボタンを押しながらイメージをドラッグし、イメージ ウィンドウ内のイメージをスクロールできます。マウスのスクロールホイールを使うとイメージは上下に動き、Ctrl (Macでは )を押しながらの場合は左右に動き、Altキー (Macでは Option)を押しながらの場合は拡大・縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用し、イメージ ウィンドウ内のイメージ拡大/縮小できます。 をクリックするか、スライダを右に動かすと、イメージは拡大されます。 をクリックするか、スライダを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、[拡大/縮小]欄に値を入力して Enter (Macでは Return)を押し、イメージを拡大/縮小することもできます。よく使用するスケールの係数はドロップダウンメニューに保存されます。

ホットキーを使用して、画像を拡大/縮小することもできます。拡大する場合は + および Ctrl++ (Macでは ++)、縮小する場合は - および Ctrl +- (Macでは +-)を使用します。

 

ナビゲーターの下には、以下の2つのタブを含む設定パネルがあります。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

設定パネルの下には、さまざなヒント(情報)が表示されます。起動時にはAKVIS Drawの簡単な説明、それ以外の場合には最後に使用したパラメータの説明が表示されます。

 

Draw v. 7.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード