AKVIS Draw: プログラムの環境設定
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Draw

プログラムの環境設定

 

[環境設定]ダイアログボックスを開きます。 [環境設定]ダイアログボックスは次のように構成されています。

環境設定ウィンドウ
  • 言語: ドロップダウン メニューから目的の言語を選択して変更します。
  • インターフェイスの拡大/縮小: インターフェイス要素のサイズを選択します。自動に設定されている場合、ワークスペースは、自動的に画面の解像度に合わせて拡大/縮小されます。
  • インタフェース テーマ:プログラムのインタフェース [明るい]または[暗い]から選びます。
  • 初期の比率: このパラメータは、開いたイメージをイメージウィンドウに拡大/縮小する方法を設定します。このパラメータは2つの値のいずれかを設定します。
    - [画面に合わせる]: イメージウィンドウに全体が表示されるように、拡大/縮小が調整されます。
    - [100%]: イメージは拡大/縮小されません。[100%]に設定すると、ほとんどの場合イメージの一部だけが見える状態で表示されます。
  • ヒント パネル: カーソルをパラメータやボタンに合わせた場合、それらに関する簡単なヒントが表示されます。ヒントの表示方法に関する設定は以下の通りです。[位置]オプション: パネルの表示位置を選択できます。

      - イメージウィンドウの下: メインウィンドウ内のイメージの下に表示します。このモードは、ウィンドウの高さが低く、設定パネルの下にヒントを表示するだけのスペースがない場合に便利です。
      - 設定パネルの下: 右側の設定パネルの下にヒントが表示されます。
      - 隠す: ヒントの表示する必要がない場合は、このオプションを選択します。

  • 最近使ったファイル (スタンドアロン版のみ): 最近使ったファイルの表示数を指定します。最近使ったファイルの一覧は、最も最近使ったファイルが一番上に来るよう順番に表示されます。この一覧は、 を右クリックすると表示されます。設定可能な最大ファイル数は、30ファイルです。
  • 自動実行モード: 自動実行モードがアクティブになると、設定での変更やイメージに関する操作で自動的に画像処理が始まります。自動実行モードがオフの場合は、 ボタンを押すと画像処理が開始します。
  • [OS指定のダイアログボックスを使用]チェックボックス: オンにすると、システム指定のダイアログボックス(開く/保存)を使用できます。デフォルトではAKVIS File Dialogに設定されています。
  • [コントロールパネルを常に表示]チェックボックス:トップパネルの表示/非表示の切り替えができなくなります。このチェックボックスをオンにすると、パネルは常に表示されます。

[環境設定]ウィンドウでの変更内容を保存するには、[OK]をクリックします。

既定値に戻す場合は[既定値]をクリックします。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法  — 操作方法
   — スケッチ パラメータ — スケッチ パラメータ
   — キャンバス — キャンバス
   — フレーム — フレーム
   — テキスト — テキスト
   — Drawプリセット — Drawプリセット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 余白にスケッチを追加 — 余白にスケッチを追加
   — Drawのギャラリー — Drawのギャラリー

 

Draw v. 5.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー