チュートリアル: AKVIS Drawの操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Draw

操作方法

 

AKVIS Drawを使用し、写真を画に変換する場合は、次の手順に従って操作してください。

  • ステップ 1: イメージを開きます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    空のワークスペースをダブルクリックするか、コントロール パネル をクリックすると、[ファイルを開く]ダイアログボックスが表示されます。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。

    AKVIS Drawのスタンドアロン版では、BMPJPEGPNGTIFFおよびRAWファイル フォーマットをサポートしています。

    - プラグイン版で作業する場合:

    [ファイル] > [開く]コマンドを実行するか、Ctrl+O(Macでは +O)を同時に押し、お使いのフォトエディタでイメージを開きます。

    Adobe Photoshopの場合は、[フィルタ] > [AKVIS] > [Draw]Corel Paint Shop Proの場合は、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Draw]Corel Photo-Paintの場合は、[効果] > [AKVIS] > [Draw]をそれぞれ選択し、AKVIS Drawプラグインを呼び出します。

    AKVIS Draw ウィンドウ
    AKVIS Draw ウィンドウ
  • ステップ 2: 切り取り : 画像の一部を切り取ることができます。不要な部分を取り除いたり、商店を鮮明にしたり、正方形を長方形に(またはその逆)にしたりできます。

    切り取り
    切り取り
  • ステップ 3: 自動実行モードがアクティブになると、設定での変更やイメージに関する操作で自動的に画像処理が始まります。自動実行モードがオフの場合は、 ボタンを押すと画像処理が開始します。

    Convert the image into a pencil sketch
    Convert the image into a pencil sketch

    イメージの特定の領域のみを処理する場合は、以下のツールを使用して定義します。

    Strokes Result
    Strokes
    • 効果領域ツール :青色鉛筆を使用し、[スケッチ]タブのパラメーターに従って鉛筆画に変換する領域の内側にアウトラインを引きます。
    • 効果適用ツール :赤色鉛筆を使用し、元のイメージの状態のまま残す部分にアウトラインを引きます。
    • 消しゴム :このツールを使用し、鉛筆で描画したストロークやアウトラインを編集します。次の3種類のモードでいずれかで実行できます。

    各ツールのサイズ等のオプションは、イメージを右クリックした場合に表示されるポップアップメニューに表示されます。

  • ステップ 4: 後処理ツール: 鉛筆, 消しゴム, 履歴ブラシ

      注意! [処理前]タブに切り替えて処理を実行すると、このツールで加えた変更はすべて失われます!

    Drawing Effect Using Eraser
    Processing Result Using Eraser

  • ステップ 5:より印象的な作品にするために、[装飾]タブのオプションを使って、キャンバスを変更したり、フレームを適用したり、テキストを追加したりできます。

    ヒント:キャンバス、フレーム、テキスト の追加順は、タブの位置に対応しています。順番を変更するには、タブをドラッグします。


  • ステップ 6: お好みの設定内容をプリセットとして保存し、後で使用することができます。プリセットを保存するには、[プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。今後、このプログラムを実行した際は、このプリセットの設定が使用されます。各種パラメータの値を変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、プリセットの初期設定に戻すことができます。

    プリセットを削除するには、一覧から目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

    プリセットを指定してイメージを処理するには、ドロップダウン メニューから選択し、 をクリックします。

  • ステップ 7: ソーシャルネットワークに画像を投稿することができます ()。

    AKVIS Drawのスタンドアロン版では、イメージを印刷することができます。印刷するには、 をクリックして。

  • ステップ 8: 処理したイメージを保存します。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) を選択し、保存先フォルダを選択します。

    - プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。AKVIS Drawプラグインが終了し、フォトエディタのワークスペースにイメージが表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存] コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダの指定を行ないます。

    結果
    結果
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法  — 操作方法
   — スケッチ パラメータ — スケッチ パラメータ
   — キャンバス — キャンバス
   — フレーム — フレーム
   — テキスト — テキスト
   — Drawプリセット — Drawプリセット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 余白にスケッチを追加 — 余白にスケッチを追加
   — Drawのギャラリー — Drawのギャラリー

 

Draw v. 5.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー