AKVIS Watercolor プログラム ワークスぺ―ス

ワークスペース

AKVIS Watercolor を使用すると、写真を水彩画のように変換できます。ソフトウェアは、独立したスタンドアロン プログラムとして、また、ご使用のフォトエディターのプラグインとしても機能します。

ワークスペースの配置は、インターフェイス モードによって異なります。選択可能なインターフェイス モードは、パラメーターまたはプリセットです。

パラメーター モードでは、従来の標準的なウィンドウが表示されます。

AKVIS Watercolor のワークスペース
AKVIS Watercolor のワークスペース (パラメーター モード)

トップパネルの[プリセット]をクリックすると、プリセットの視覚表示モードを切り替えることができます (プリセット ギャラリー)。

AKVIS Watercolor のワークスペース (プリセット モード)
AKVIS Watercolor のワークスペース (プリセット モード)

AKVIS Watercolor のワークスぺースの左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前]と[処理後]の 2つのタブで構成されています。[処理前]と[処理後]の 2つのタブで構成されています。[処理前]タブには、元の画像が表示されます。[処理後]タブには、処理後の画像が表示されます。タブを切り替える場合は、タブをクリックします。処理前と処理後の画像を比較したい場合、イメージをクリックしたままの状態にすると、画像が何秒かごとに切り替わります。

ウィンドウ上部には、以下のボタンを含むコントロール パネルがあります。

 

イメージ ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。[処理前] / [処理後]タブにはそれぞれ、異なるツールが表示されます。

事前処理ツール ([処理前]タブ):

後処理ツール (Home DeluxeBusiness[処理後]タブ):

その他のツール:

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するには ナビゲーターを使用します。ナビゲーターの赤枠で囲まれた領域は、現在メイン ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になります。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲーター
ナビゲーター

ウィンドウで画像をスクロールするには、キーボードのスペースキーを押しながら画像をドラッグします。マウスのスクロールホイールを使うと、イメージは上下に動き、Ctrlキーを押しながらの場合は左右に動き、Altキーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーを使用して、メイン ウィンドウ内のイメージを拡大/縮小することができます。スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、[拡大/縮小]欄に値を入力してイメージを拡大/縮小することもできます。プルダウンメニューには、使用頻度の高い値が表示されます。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。+ または Ctrl++キー、Mac OS の場合 &#8984++キーで拡大、- または Ctrl+-キー、Mac OS の場合 &#8984+-キーで縮小します。

ナビゲーターの下にある設定パネルには、 プリセットの一覧と、以下のパラメーターが表示されます。

設定パネル の下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に、ヒントが表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定は、プログラムの環境設定で行うことができます。

 

Watercolor v. 6.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード