ISO 設定とノイズ: AKVIS Noise Buster AI で写真のノイズを除去

ISO とデジタルノイズ

デジタルノイズは、いまだに切実な問題といえます。プロが使用する高額なカメラでも、高い ISO 設定ではノイズが生じてしまいます。まして、ISO 50 から 100 でのみパフォーマンスを発揮する市販のカメラでは当然ノイズが問題となります。

多くのデジタルカメラには、自動 ISO 設定 (自動) があります。この設定では、状況に応じて自動的に設定が選択されます。その結果、高い ISO 設定で撮影されて、ノイズの多い写真となってしまうことがあります。

画像の一部が実際の大きさで表示されています。

ノイズのある写真
画像の一部の処理前: ノイズのある写真
鮮明になった写真
画像の一部の処理後: 鮮明になった写真

次の写真は、自動モードで撮影されました。同じセッションの写真には、ISO 設定が 400 で撮影されたものと、261 や 236 で撮影されてものがあります。しかし、結果はどれもノイズの多いものとなっています。そのうちの一枚を選び、修整を行いたいと思います。

ISO 261 で撮影された元の写真

写真が JPEG で保存されていることが、さらに状況を複雑にしています。この圧縮方法ですと、JPEG アーティファクトが発生してしまいます。

 

Noise Buster AI v. 12.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード