AKVIS Pointsワークスペース
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Points

ワークスペース

 

AKVIS Points は、写真を点描に変換します。ソフトウェアは、独立したスタンドアロンプログラムとして、また、ご使用のフォトエディターのプラグイン としても機能します。

    スタンドアロンは独立したプログラムでプログラムのアイコンをクリックして開くことができます。

    スタンドアロン版を起動する方法:

    • Windowsコンピューターの場合:[スタート]メニューまたはプログラムのショートカットを使用します。
    • Macintoshコンピューターの場合:[アプリケーション]フォルダーからアプリを起動します。

    プラグイン は、Photoshop等のフォトエディターのアドオンとして動作します。

    プラグイン版を呼び出すには、イメージエディターのフィルターから選択します。

 

ワークスペースの配置は、 コントロールパネルで選択した編集モードによって異なります。 簡略モード または 詳細モードのどちらを選ぶかで異なります。

簡略モード のインターフェイスは非常にシンプルになっています。最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS Points のワークスペース(簡略モード)
AKVIS Points のワークスペース(簡略モード)

詳細モードでは、プログラムのすべての機能を利用できます。

注意: すべての機能とパラメーターは、簡略モードで使用できます。隠されているもの、デフォルト値を使用するもの、特定のプリセットの値を使用するものなどがあります。

AKVIS Points のワークスペース(詳細モード)
AKVIS Points のワークスペース(詳細モード)

AKVIS Pointsのウィンドウ左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには変換後の画像が表示されます。タブを切り替える場合は、タブをクリックします。処理前と処理後の画像を比較したい場合、イメージをクリックしたままの状態にすると、画像が何秒かごとに切り替わります。

 

プログラムのウィンドウの上部には、コントロールパネルがあります。

  • : AKVIS Pointsのホームページに移動します。
  • :イメージを開きます(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Oキー、Mac OS の場合+Oキーです。

    このボタンを右クリックすると、最近使用した画像の一覧が表示されます。表示するファイル数をプログラムの[環境設定]で変更することもできます。

  • :処理したイメージをディスクに保存します(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Sキー、Mac OS の場合 +Sキーです。
  • : [印刷] ダイアログボックスが開きます(スタンドアロン版のみ)。この操作に対するホットキーは、Wihdows の場合Ctrl+Pキー、Mac OS の場合 +Pキーです。
  • : プログラムから, Twitter、Flickr、Google+、Dropbox 等のソーシャル ネットワークに写真を投稿して共有できます。
  • :プリセットをエクスポートします(プリセットとはユーザーが保存しておいたイメージ処理に使用する各種設定)。プリセットは拡張子.pointsの別ファイルに保存できます(保存可能なプリセット数に制限はありません)。
  • :プリセットをインポートします(.pointsファイルから)。
  • ボタン(スタンドアロン版のみ): 画像をまとめて自動変換できるバッチ処理ダイアログを開きます。
  • :各ツールを使って行った最後の操作を取り消します。連続した複数の操作を取り消すことができます。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Zキー、Mac OS の場合+Zキーです。
  • :最後に取り消した操作をもう一度やり直します。連続した複数の操作をやり直すことが可能です。この操作に対するホットキーは、Windows の場合Ctrl+Yキー、Mac OS の場合+Yキーです。
  • : 現在の設定でイメージの処理を実行します。処理後の画像が[処理後]タブに表示されます。
  • :変換結果をイメージに適用し、プログラムを閉じます(プラグイン版のみ)。
  • : プログラムに関する情報、つまりバージョン、試用期間、ライセンス情報を表示します。
  • :ヘルプファイルを呼び出します。この操作に対するホットキーは、F1キーです。
  • :プログラムのオプション設定を変更するための[環境設定]ダイアログボックスを開きます。

 

メイン ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。アクティブなタブ、[処理前]または[処理後]タブによって表示されるツールは異なります。ツールは、機能別にグループに分けされています。事前処理 ([処理前]タブ)、後処理 ([処理後]タブ)、追加ツール ([処理前] と [処理後] タブ)。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲーターを使用します。ナビゲーターの赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲーター
ナビゲーター

イメージ ウィンドウで画像をスクロールするには、キーボードのスペースバーを押しながら画像をドラッグします。マウスのスクロールホイールを使うと、イメージは上下に動き、Ctrlキーを押しながらの場合は左右に動き、Altキーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用して、イメージを拡大/縮小することができます。をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、[拡大/縮小]欄に値を入力してイメージを拡大/縮小することもできます。プルダウンメニューには、使用頻度の高い値が表示されます。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。 +Ctrl++ (Mac OS の場合は++)で拡大、 -Ctrl+- (Mac OS の場合は+-) で縮小します。

 

ナビゲーターの下にある設定パネルには、[ペイント]タブと[装飾]タブがあります。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

設定パネルの下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒント が表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定は [環境設定] ダイアログボックスで行うことができます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法  — 操作方法
   — 点描効果 — 点描効果
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールバー — ツールバー
   — キャンバス — キャンバス
   — フレーム — フレーム
   — テキスト — テキスト
   — プリセット — プリセット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 朝日の昇る風景 — 朝日の昇る風景
   — 秋の公園の美しい花嫁 — 秋の公園の美しい花嫁

 

Points v. 3.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー