AKVIS Pointsワークスペース

ワークスペース

AKVIS Points は、写真を点描に変換します。ソフトウェアは、独立したスタンドアロンプログラムとして、また、ご使用のフォトエディターのプラグイン としても機能します。

 

ワークスペースの配置は、 コントロールパネルで選択した編集モードによって異なります。 簡略モード または 詳細モードのどちらを選ぶかで異なります。

簡略モード のインターフェイスは非常にシンプルになっています。最低限のツールだけである程度の結果を短時間で得ることができます。

AKVIS Points のワークスペース(簡略モード)
AKVIS Points のワークスペース(簡略モード)

詳細モードでは、プログラムのすべての機能を利用できます。

注意: すべての機能とパラメーターは、簡略モードで使用できます。隠されているもの、デフォルト値を使用するもの、特定のプリセットの値を使用するものなどがあります。

AKVIS Points のワークスペース(詳細モード)
AKVIS Points のワークスペース(詳細モード)

AKVIS Pointsのウィンドウ左側にはイメージ ウィンドウがあり、[処理前][処理後]の2つのタブで構成されています。[処理前]タブには元のイメージが表示され、[処理後]タブには変換後の画像が表示されます。タブを切り替える場合は、タブをクリックします。処理前と処理後の画像を比較したい場合、イメージをクリックしたままの状態にすると、画像が何秒かごとに切り替わります。

 

プログラムのウィンドウの上部には、コントロールパネルがあります。

 

メイン ウィンドウの左側には、ツールバーがあります。アクティブなタブ、[処理前]または[処理後]タブによって表示されるツールは異なります。ツールは、機能別にグループに分けされています。事前処理 ([処理前]タブ)、後処理 ([処理後]タブ)、追加ツール ([処理前] と [処理後] タブ)。

 

イメージをナビゲートしたり、拡大/縮小するにはナビゲーターを使用します。ナビゲーターの赤枠で囲まれた領域は、現在イメージ ウィンドウに表示されている領域です。赤枠の外はグレー表示になり、イメージ ウィンドウに表示されません。赤枠をドラッグすると画像の表示領域を変更できます。赤枠を移動させるには、マウスをクリックしたままカーソルをドラッグします。

ナビゲーター
ナビゲーター

イメージ ウィンドウで画像をスクロールするには、キーボードのスペースバーを押しながら画像をドラッグします。マウスのスクロールホイールを使うと、イメージは上下に動き、Ctrlキーを押しながらの場合は左右に動き、Altキーを押しながらの場合は拡大/縮小されます。スクロールバーを右クリックすると、クイックナビゲーション メニューが表示されます。

スライダーまたは を使用して、イメージを拡大/縮小することができます。をクリックするか、スライダーを右に動かすと、イメージは拡大されます。をクリックするか、スライダーを左に動かすと、イメージは縮小されます。

さらに、[拡大/縮小]欄に値を入力してイメージを拡大/縮小することもできます。プルダウンメニューには、使用頻度の高い値が表示されます。

画像の拡大/縮小は、ホットキーを使っても行えます。 +Ctrl++ (Mac OS の場合は++)で拡大、 -Ctrl+- (Mac OS の場合は+-) で縮小します。

 

ナビゲーターの下にある設定パネルには、[ペイント]タブと[装飾]タブがあります。

[プリセット]フィールドでは、現在の設定内容をプリセットとして保存できます。保存したプリセットは後で使用できます。現在の設定は保存だけでなく、編集や削除もできます。プログラムの起動時には、最後に使用したプリセットが使用されます。

設定パネルの下には、カーソルをパラメーターやボタンに合わせた場合に ヒント が表示されます。ヒントの表示位置や表示/非表示の設定は [環境設定] ダイアログボックスで行うことができます。

 

Points v. 4.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード