AKVIS Points: 操作方法

操作方法

AKVIS Points は、写真を点描画法を用いた絵画に変換してくれます。スタンドアロン プログラムとしてだけでなく、Photoshop や他のフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

写真を点描画に変換する場合は、次の手順に従って操作してください。

  • ステップ5: より印象的でリアルな作品にするために、[装飾]タブのオプションを使って、キャンバスを変更したり、フレームを適用したり、テキストを追加したりできます。

    点描画 + キャンバス + テキスト
    点描画 + キャンバス + テキスト
  • ステップ6: お好みの設定内容をプリセットとして保存し、後で使用することができます。 プリセットを保存するには、欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。新しいプリセットは、すべてのタブで設定が保存されており、すべてのタブで利用できます。
  • ステップ7: 処理中に、プログラムは、変換の様々な段階のショットを生成します。半分ほど処理されているスケッチ画からほとんど完成に近い状態まで様々です。メイン ウィンドウの下部のタイムラインに表示されます。タイムライン内の変換の様々な段階のショットは、どれでも、クリックするだけで選択できます。最後の画像が最終処理結果になります。

    注意:この機能は、Home Deluxe版とBusiness版でのみ利用できます。

    タイムライン ショット
    タイムライン ショット

    画像処理中のお気に入りの瞬間をタイムラインに追加するには、進捗バーの右にあるボタンを使ってスナップショットを撮影します。詳細はこちらをご覧ください。

  • ステップ8: 後処理ツール点描画ブラシ 消しゴム 履歴ブラシ を使って写真の最終仕上げを行うことができます。
  • ステップ9: イメージを共有するには、) をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、Twitter、Flickr、Tumblr、Google+ が含まれます。

    スタンドアロン版では、印刷を行うこともでき、その場合は、をクリックします。

  • ステップ10: 処理したイメージを保存します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存] ダイアログボックスが開きます。 使用可能なホットキーは、Windows の場合 Ctrl+Sキー、 Mac OS の場合+Sキーです。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFF、BMP、JPEG、PNG) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。 AKVIS Points プラグインが終了し、画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダの指定を行います。

    点描効果
    点描効果
  •  

    Points v. 4.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

    Google+
    Pinterest
                     
    ニュースを購読する