AKVIS Points: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Points

操作方法

 

AKVIS Points は、写真を点描画法を用いた絵画に変換してくれます。スタンドアロン プログラムとしてだけでなく、Photoshop や他のフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

写真を点描画に変換する場合は、次の手順に従って操作してください。

  • ステップ1: イメージを開きます。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    [ファイルを開く]ダイアログボックスを開くには、空のワークスペースをダブルクリックするか、 ボタンをクリックします。使用可能なホットキーは、Windows の場合Ctrl+Oキー、Mac OS の場合+Oキーです。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。
    スタンドアロン版は、BMPJPEGRAWPNGTIFFファイル フォーマットをサポートしています。

    プラグイン版で作業する場合:

    使用するフォトエディター[ファイル] > [開く]コマンドを使用して画像を開きます。

    フォトエディターのメニューからプラグインを呼び出します。

      Adobe PhotoshopPhotoshop Elements の場合: [フィルター] > [AKVIS] > [Points]
      Corel PaintShop Pro の場合: [効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Points]
      Corel Photo-Paint の場合: [効果] > [AKVIS] > [Points]

    プログラムを最初に起動したときは、シンプルなインターフェイスと最低限のツールだけである程度の結果を得られる簡易モードです。

    AKVIS Points ウィンドウ (簡易)
    AKVIS Points ウィンドウ (簡易)

    上級ユーザー用に、詳細モードも準備されています。 コントロールパネル[詳細] をクリックしてモードを切り替えると、インターフェイスが変わり、プログラムのすべての機能へのアクセスが可能になります。

    メモ: すべてのパラメーターは、簡易モード でも利用できますが、隠れているものや、特定のプリセットの値を使用するものがあります。

    AKVIS Points ウィンドウ (詳細)
    AKVIS Points ウィンドウ (詳細)
  • ステップ2: 効果をスタンドアロン版で適用する前に、切り取りツール : を使って写真の一部を切り取って構成(バランス)を調整することができます。

    プラグイン版の場合、フォトエディターでこの作業を行えます。

    切り取りツール
    切り取りツール
  • ステップ3: [ペイント]タブにある効果の設定を調整します。すぐに利用可能な(選択するだけ))プリセットを使用するか、パラメーターを手動で変更します。

    イメージの処理後の結果は、プレビュー ウィンドウに表示されます。プレビュー ウィンドウは、ツールバーの ボタンが押されている場合、[処理前]タブに表示されます。

    プレビュー ウィンドウ
    プレビュー ウィンドウ
  • ステップ4: ボタンをクリックして、新しい設定を基にして写真を変換します。

    進捗バーが表示されるので、 アイコンでスナップショットを撮影し、[停止]ボタンで処理を中断します。

  • ステップ5: より印象的でリアルな作品にするために、[装飾]タブのオプションを使って、キャンバスを変更したり、フレームを適用したり、テキストを追加したりできます。

      ヒント: キャンバス、フレーム、テキストの追加順は、タブの位置に対応しています。順番を変更するには、タブをドラッグします。

    点描画 + キャンバス + テキスト
    点描画 + キャンバス + テキスト
  • ステップ6: お好みの設定内容をプリセットとして保存し、後で使用することができます。 プリセットを保存するには、欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。新しいプリセットは、すべてのタブで設定が保存されており、すべてのタブで利用できます。
  • ステップ7: 処理中に、プログラムは、変換の様々な段階のショットを生成します。半分ほど処理されているスケッチ画からほとんど完成に近い状態まで様々です。メイン ウィンドウの下部のタイムラインに表示されます。タイムライン内の変換の様々な段階のショットは、どれでも、クリックするだけで選択できます。最後の画像が最終処理結果になります。

    注意:この機能は、Home Deluxe版とBusiness版でのみ利用できます。

    タイムライン ショット
    タイムライン ショット

    画像処理中のお気に入りの瞬間をタイムラインに追加するには、進捗バーの右にあるボタンを使ってスナップショットを撮影します。詳細はこちらをご覧ください。

  • ステップ8: 後処理ツール点描画ブラシ 消しゴム 履歴ブラシ を使って写真の最終仕上げを行うことができます。

      注意: これらのツールは、Home Deluxe と Businessライセンスでのみ利用できます。

      注意:後処理ツールは、最終段階でご利用ください。 ボタンで処理を再実行した場合、ブラシを使用した編集が失われる場合があります!

  • ステップ9: イメージを共有するには、) をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、Twitter、Flickr、Tumblr、Google+ が含まれます。

    スタンドアロン版では、印刷を行うこともでき、その場合は、をクリックします。

  • ステップ10: 処理したイメージを保存します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存] ダイアログボックスが開きます。 使用可能なホットキーは、Windows の場合 Ctrl+Sキー、 Mac OS の場合+Sキーです。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFF、BMP、JPEG、PNG) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。 AKVIS Points プラグインが終了し、画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダの指定を行います。

    点描効果
    点描効果
 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法  — 操作方法
   — 点描効果 — 点描効果
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールバー — ツールバー
   — キャンバス — キャンバス
   — フレーム — フレーム
   — テキスト — テキスト
   — プリセット — プリセット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — 朝日の昇る風景 — 朝日の昇る風景
   — 秋の公園の美しい花嫁 — 秋の公園の美しい花嫁

 

Points v. 3.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー