AKVIS AirBrush: エアブラシ技法を使用した効果

エアブラシ技法を使用した効果

ぼかし処理 は、エアブラシなどの特殊なツールを使ったペイント技法です。直接テクスチャに触れることがないこの技法では、薄いストローク、ちょっとしたディテール、ぼかしたエッジを追加できます。処理結果は素晴らしく、たいてい写真のような鮮明な品質と驚くべきリアル感が得られます。

さらに、車、バイク、ヘルメットへのグラフィックの追加や携帯電話、コンピューター、家電製品のデコレーション、Tシャツのデザインやネイルアートの作成にも利用できます。この技法を使うと、1枚の写真が芸術作品に早変わりします。この技法は、現代美術の新しいトレンドとなりつつあります。この技法を使った作品は、これまでにない鮮やかさと詳細度により、仕上がりが素晴らしく、人目を引きます。

AKVIS AirBrush は、写真をエアブラシ技法を使ってぼかすことができます。設定パネルの[ペイント]タブでは、写真から変換するための各種設定を調整できます。

エアブラシ技法を使用した効果 エアブラシ技法を使用した効果
エアブラシ効果

 

効果パラメーター

ディテール (設定可能範囲は 0-100): ディテールの度合いを指定します。値を下げることにより、ぼかし効果を作り出すことができます。

ぼかし効果
ディテール = 10
より鮮明
ディテール = 90

鮮明さ (設定可能な範囲は 1-50): 隣接したピクセルの色のコントラストを変更します。値が高いほどラインと境界が鮮明になります。

鮮明さ(弱)
鮮明さ = 5
鮮明さ(強)
鮮明さ = 40

にじみ (設定可能範囲は 30-200): にじみ度合いを設定します。値を高く設定すればするほど、写真にそっくりな絵画がスケッチ画のような絵画になります。

にじみ(弱)
にじみ = 40
にじみ(強)
にじみ = 160

[シェーディング]グル―プ内のパラメーターは、画像内の指定した部分を暗く(濃く)します。選択した領域に応じて、変更は特定の色にのみ影響します。

どの領域を処理するかを選択します。

異なる領域への影の適用
シャドウ
シャドウ
ミッドトーン
ミッドトーン
ハイライト
ハイライト

明るさ (設定可能範囲は -50 から100): 画像に明るいシェーディング (影) を加えます。

明るさ(最小)
明るさ = -30
明るさ(最大)
明るさ = 70

コントラスト (設定可能範囲は -25 から 25): イメージ内の明暗の違いを強めたり (0以上の値)、弱めたり (0以下の値) します。

低コントラスト
コントラスト = -20
高コントラスト
コントラスト = +15

[スプレー]グループでは、小さな点や斜線を追加することによって、ペンキの吹き付け (分散) を模倣します。

[スマート コントラスト]チェックボックス: チェックボックスをオンにすると、画像にシャドウやハイライトを追加し、画像をより印象的にするために色を再配分します。

[スマートコントラスト]チェックボックスがオフ
[スマートコントラスト]
チェックボックスがオフ
[スマートコントラスト]チェックボックスがオン
[スマートコントラスト]
チェックボックスがオン

[色]グループのパラメーターを使って、使用する色を変更することができます。

色のモードは 3種類用意されています。

 

AirBrush v. 7.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード