AKVIS MultiBrush: [レイヤー]パレット

[レイヤー]パレット

[レイヤー] パレットでは、レイヤー (それぞれを編集可能なピクセルの組み合わせ) とグループ化されたレイヤーを使って作業できます。

[レイヤー]パレット
[レイヤー]パレット

パレットには、レイヤーのリスト(一覧)が表示されます。プログラムでイメージが開かれるまで、または新しいドキュメントが作成されるまでは、このリストは空です。

アクティブな(編集可能な)レイヤーは、リスト内でグレーのハイライト表示されます。別のレイヤーを選択するには、レイヤー名またはサムネイルをクリックします。複数のレイヤーを選択する場合は、Ctrl キーを押しながら、クリックして選択します。アクティブなレイヤーと選択したレイヤーの間のレイヤーすべてを選択する場合(アクティブなレイヤーがハイライトされている状態)、Shiftキーを押しながら、該当レイヤーをクリックして選択します。

レイヤーの名前を変更する場合、サムネイルの横にあるレイヤー名をダブルクリックし、新しい名前を入力後にEnterキーを入力します。

レイヤーのサムネイルの左には、可視化インジケータ / があり、一時的にレイヤーのコンテンツの表示/非表示を切り替えることができます。レイヤーの可視化が無効の場合、編集ツールは使用できません。レイヤーの可視化を切り替えるには、インジケータをクリックします。

レイヤーは ラスターアーティスティックのいずれかです。それぞれのレイヤーには、ツール一式 (ツールバーのStd または Art)が用意されています。アーティスティック レイヤーの場合は、レイヤーリストでレイヤー名の右にArt を表示されます(上記スクリーンショットを参照)。さらに、テキストを追加するためのテキスト レイヤーがあります。アーティスティック/テキスト レイヤーで標準ツールを使用するには、先ずレイヤーのラスタライズを行う必要があります。

レイヤーの順番の変更は、右クリックしたままレイヤーを上下にドラッグして移動させます。

レイヤーの右クリックで、コマンドメニューが表示されます。メニューの内容は、レイヤーの種類や数によって異なります。

コマンドメニュー

 

レイヤー名の右には南京錠のアイコンが表示されています。このアイコンをクリックすると、4つのボタンが表示されます。レイヤーのコンテンツへの変更に対する4段階の保護レベルから選択できます。

ロック メニュー
ロック メニュー

 

レイヤーのサムネイルをダブルクリックすると、ブレンド オプション メニューが表示されます。変更を無視してメニューを閉じる場合は、Esc をクリックし、変更を保存する場合は、メニュー ウィンドウの外をクリックします。

ブレンド オプション メニュー

ブレンド オプション

 

リスト内のアーティスティック レイヤーの[Art] をクリックすると、[レイヤーのプロパティ] が表示されます。

アーティスティック レイヤーの追加パラメータ

 

パレット下部のボタンの用法: