AKVIS MultiBrush: [チャンネル]パレット

[チャンネル]パレット

[チャンネル] パレットは Home Deluxe版とBusiness版 のみで利用できる機能です。

このパレットでは、イメージを様々なチャンネルで表示/編集することができます。チャンネルは、色要素の明るさ情報を含むハーフトーンのイメージです。

チャンネル リストには、 1) 合成イメージ (RGB、CMYK、Lab、グレースケール)、 2) 色モードの個々のチャンネル (例えば、 RGB であれば、赤、緑、青の各チャンネル)、 3) 現在のラスター レイヤーの透明度 (アルファ チャンネル)、 4) 現在選択しているチャンネル、が含まれています。

チャンネル名の左には、視覚インジケータ(ラジオボタン)と変更した場合の結果がサムネイルとして表示されます。

[チャンネル]パレット: CMYK チャンネル
[チャンネル]パレット: CMYK チャンネル

リスト内でアクティブな(編集可能な)チャンネルは濃いグレーでハイライトされています。別のチャンネルを選択するには、チャンネル名をクリックします。

コンポーネントチャンネル(RGBの青など)を選択した場合、イメージ ウィンドウではイメージがグレースケールで表示されます。

青チャンネル [チャンネル]パレット
青チャンネルの視覚化が有効 RGB イメージ - 青チャンネルを編集可能

アクティブでないチャンネルの視覚化インジケータが有効な場合、イメージ ウィンドウにそのチャンネルが表示されているが、編集はできないことを意味します。

複数のチャンネルの視覚化が有効な場合、イメージはカラーで表示されます。

青チャンネルと緑チャンネル [チャンネル]パレット
青チャンネルと緑チャンネルの視覚化が有効
 
青チャンネルは編集可能
緑チャンネルの視覚化は有効ですが、編集は不可

合成チャンネルを選択した場合、含まれているチャンネルもすべて視覚化が有効になります。

合成画像は常にリストの最初に表示され、デフォルトにより選択されます。

合成RGBイメージ [チャンネル]パレット
合成RGBイメージ RGBチャンネルすべてが編集可能

チャンネルの編集には、通常の描画ツールを使用します。チャンネルに白で描画した場合、その色チャンネルの強度は100%になります。異なる色調の色は、異なる強度をもたらします。黒で描画した場合、色チャンネルを完全に削除することになります。

アルファ チャンネルは、デフォルトで不透明な領域は白、透明な領域は黒、半透明な領域はグレーで表示されるよう設定されています。

アルファ チャンネルの表示モードは、ポップアップ メニューから グレースケールトリマップ赤でハイライトから選択できます。

表示モード
アルファ チャンネルの表示モード

合成RGBイメージ グレースケール
元の RGB イメージ
 
グレースケール:
黒い部分は透明、白い部分は不透明になります
トリマップ 赤でハイライト
トリマップ:黒: 透明、
グレー: 半透明、白: 不透明
赤でハイライト:
透明領域が赤でハイライトされます

選択チャンネルの表示モードは、グレースケールトリマップ赤でハイライト赤で逆ハイライト, 黒い背景白い背景の6種類から選ぶことができます。