AKVIS MultiBrush: 色鉛筆
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS MultiBrush

色鉛筆

 

色鉛筆 は、硬い質感を持つエッジを使い、フリーハンドで線を書く際に使います。色鉛筆は、背景になじむことがなく、背景とははっきり区別できる効果です。P キーを押すと、クリックなしで、色鉛筆ツールに切り換えられます。

ツールのパラメータは、イメージ上を右クリックして表示されるボックスと 設定パネル の両方で調整できます。

パラメータ値を変更する場合、パラメータ フィールドに数値を入力してEnter (Macintoshの場合はReturn)を押すか、スライダを左右に動かして調整します。

  • 範囲 (設定可能値は1-1000): 描画する鉛筆線の幅をピクセルで指定します。
  • 不透明度(設定可能値は1-100): 描いた鉛筆線の背景色との関連における不透明度を指定します。描いた線の色の不透明度を指定しますが、低い値の場合は線の色は薄く、より背景となじみます。

    鉛筆を用いたバレリーナのシルエット
    不透明度(強) 不透明度(弱)
    不透明度 = 80% 不透明度 = 20%

  • 間隔 (設定可能値は5-200): 鉛筆線を形成する点の間隔を指定します。値を高く指定した場合、線は多くの点が広い間隔で並び、間隔はパラメータ値により異なります。

    間隔の異なる線を使用して描画
    狭い間隔での描画 広い間隔での描画
    間隔 = 5 間隔 = 91と100

  • 形状 (設定可能値は1-100): 鉛筆線を構成する点の形状 (圧縮) を指定します。値が 1の場合は平らな棒線、値が 100 の場合は丸、そして中間の値では楕円になります。形状の値が低いほどつぶれた楕円になり、角度パラメータで指定した角度で描かれます。

    先住民の戦争への志願を意味する顔のペイント
    強い圧縮(楕円) 弱い圧縮(丸)
    形状 = 30 形状 = 80

  • 角度 (設定可能値は0-180): 描く方向を角度で指定します。

    花瓶の柄
    Right Angle Left Angle
    角度 = 30 角度 = 140

鉛筆の色は[カラーパレット&スウォッチ]で指定します。色の選択は、パネルの下部にあるスペクトルバー内にカーソルを置くと、カーソルがスポイトに切り換わりますので、色をクリックして指定します。またはカラーウェルをダブルクリックして、色選択ダイアログボックスから指定することもできます。場合によっては、スライダを左右に移動させて色を指定できます。

直線を描画する場合、始点をクリックし、Shiftを押しながら終点をクリックして、最後にShiftを離します。Shiftキーを離さない場合、クリックするそれぞれの位置まで新たな直線がひかれます。

 

 

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー