AKVIS MultiBrush: 履歴ブラシ
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS MultiBrush

履歴ブラシ

 

履歴ブラシ は、あるツールを適用したイメージの一部を適用前の状態に戻します。消しゴムツールと履歴ブラシ の違いは、後者が、すべての効果を取り除きますが、背景 ( 元のイメージ) には影響を与えないという点です。ツールへの簡単なアクセス、 消しゴムツールと履歴ブラシ の切り替えは、Eキーを使用します。

ツールのパラメータは、イメージ上を右クリックして表示されるボックスと 設定パネル の両方で調整できます。

パラメータ値を変更する場合、パラメータ フィールドに数値を入力してEnter (Macintoshの場合はReturn)を押すか、スライダを左右に動かして調整します。

  • 範囲 (設定可能値は1-1000): ブラシで引くラインの幅をピクセルで指定します。
  • 硬さ (設定可能値は0-100): ブラシのエッジ(境界部分)によるぼかしの程度を指定します。値が高いほどブラシのエッジが硬くなり、ぼかしも弱くなります。100%に近い値の場合、ブラシのエッジと背景の境界がくっきり分かれますが、もっと低い値の場合は境界部分の色の移行がよりスムーズになり、ぼかしが強くなります。

    ペイントした枝を履歴ブラシでレストア
    (サイズ = 100、強度 = 100%)
    ぼかした輪郭 はっきりした輪郭
    硬さ = 20% 硬さ = 100%

  • 強度 (設定可能値は1-100): オリジナルの状態へのレストアの度合いを指定します。低い値の場合は適用した効果とのブレンドが残りましが、100%に近い値の場合はオリジナルの状態に完全にレストアされます。

    鏡のほこりを取り除く
    部分的なレストア 完全なレストア
    強度 = 50% 強度 = 100%

 

 

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2018 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー