AKVIS Draw: 処理後のスケッチ画にキャンバスを使用

処理後のスケッチ画にキャンバスを使用

AKVIS Draw を使用した場合、どんな表面にでも描画できます。サンドペーパー、 MDFボード、レンガの壁などどこにでも描画できます。

テクスチャの選択と変更を行うには、[装飾]グループの[キャンバス]タブに切り替え、[キャンバスの使用] チェックボックスをオンにします。

ヒント: 装飾効果の適用順を変更するには、[キャンバス]/[フレーム]/[テキスト]の各タブをドラッグして入れ替えます。

キャンバス地
キャンバス地

テクスチャを選択する場合は、[ライブラリ]ドロップダウンリストの[表面]から選択するか、手持ちのサンプルを[ライブラリ]ドロップダウンリストの[ユーザー定義...]から読み込みます。

キャンバス設定の調整 (Web上のチュートリアルに移動)。

 

 

Draw v. 8.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード