AKVIS Sketch Video Plugin: クラシック技法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Sketch Video

クラシック技法: スケッチ パラメータ

 

AKVIS Sketch Videoのクラシック技法では、カラーや白黒の鉛筆画がはっきりとした輪郭線で描かれます。

元のイメージ クラシック技法
クラシック技法
(画像上にマウスをのせると、元の写真が表示されます)

効果コントロール パネルにある効果の設定を調整します:

[ぼかし(準備)]:

    [ぼかしを使用]チェックボックスをオンにすると、画像の前準備を行います。

    ぼかし効果の強度を、[半径][しきい値]パラメーターを使用して調整します。

[スケッチ]:

    角度:ハッチングの方向を指定します。

    明るさ:イメージ内の色の明るさを変更します。

    エッジのトレース :このパラメーターは、エッジを顕出して、処理結果をより正確(鮮明)なものにします。

    エッジの幅:このパラメーターは、アウトラインの太さを設定します。

    ストローク長:描画するストロークの長さの最大値を設定するパラメーターです。

    強度:パラメーターは、鉛筆の筆圧と明るさを設定します。

    木炭:ストロークを粗くすることにより、木炭効果を出すことができます。

    密度:ストロークの数を設定するためのパラメーターです。

    元の色:元の色範囲を使用した鉛筆画を作成できます。

    彩度:[元の色]チェックボックスがオンの場合に、 色の彩度を調整できます。

    安定性:フレーム変更時の静的/動的ストロークの比率を設定します。

    簡素化:画像の簡素化の度合いを調整します。

[後処理効果]:

    変換した画像にさらに効果を追加する場合は、 [効果を適用]チェックボックスをオンにします。

    :シャドウ(影)の部分を鮮明にします。

    ノイズ:画像にノイズが追加されていきます。

    コントラスト:ハイライト部分とシャドウ部分の差を大きくすることができます。

 
操作方法 操作方法
   — 製品のアクティベーション方法 — 製品のアクティベーション方法
   — 動画を手書き風に変換 — 動画を手書き風に変換
   — クラシック技法 — クラシック技法
   — アーティスティック技法 — アーティスティック技法
   — プリセット — プリセット

 

Sketch Video v. 3.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー