AKVIS MultiBrush: テキストの変形
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS MultiBrush

テキストの変形

 

移動 ツール を使ってテキスト レイヤーのテキスト ブロックを変形できます。変形を行うためのパラメータは、テキストのフレーム部分をクリックした時に表示される設定パネル に用意されています。

テキストの変形
テキストの変形

変形オプション:

  • 移動: オブジェクトの位置を水平方向に (X) または垂直方向に(Y)移動できます。座標は、フレーム枠の左上(角)の座標か、 が有効な場合には中心点が使用されます。通常、中心点は固定されていますが、別の位置に移動させることもできます。

    カーソル がフレーム枠内にある状態でドラッグします。カーソルを中心点に持って来た場合、カーソルの脇に丸が表示され 、中心点を移動できることを意味します。

  • 比率:オブジェクトのサイズを変更するには、幅(W)および高さ(Hを設定します。枠に表示されている8箇所のマーカのいずれかをドラッグしてサイズを変更することもできます。カーソルが (両方向矢印)に変化します。

    縦横比を維持するには、Shiftキーを押すか、 (WH の間に表示) をクリックします。サインが無効な場合 、比率が変更されてしますことがあります。

  • 回転:オブジェクトを回転させることができます。回転の中心は、オブジェクトの中心点を移動させることによって変更できます。フレーム枠の外では、カーソルがカーブした両方向矢印 が表示されます。マウスの左クリックにより、オブジェクトを時計回りまたは反時計回りに回転できます。Altキーを押すと、回転角度は5度刻みに行われます。

    回転角度を設定パネルのA (角度) フィールドで設定できます。

  • ゆがみ:オブジェクトの一部をたの部分と関連付けてシフトすることができます。フレーム上にカーソルがある場合、表示が に変更されます。クリック アンド ドラッグでオブジェクトを変形します。

    設定パネルのH (水平方向のゆがみ) と V (垂直方向のゆがみ) に値を入力して設定することもできます。

[中心点のリセット] ボタンで、中心点をデフォルトの位置に戻すことができます。

変更を適用するには[OK] をクリックします。変形をキャンセルする場合は、[キャンセル] をクリックするか、Escキーを押します。

 

 

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー