AKVIS AirBrush: エアブラシを使ったぼかし処理を手軽に適用 - 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS AirBrush

操作方法

 

AKVIS AirBrush は、エア部脚技法を使用して、写真を芸術作品に変換します。プログラムは、写真から絵画への変換パラメーターの設定から、スタイリッシュでカラフルなエアブラシ(ぼかし)デザインを作り出します。AKVIS AirBrush は、スタンドアロン プログラムとして、またフォトエディターのプラグインとしても使用できます。

写真にエアブラシ効果を与える場合は、次の手順に従って操作してください。

  • ステップ 1:画像を読み込みます。

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    AKVIS AirBrushのスタンドアロン プログラムを実行します。

    画像を開くには、ワークスペースの空き領域をダブルクリックするか、コントロールパネルの をクリックします。スタンドアロン版は、RAWJPEGPNGBMPTIFF ファイル フォーマットをサポートしています。

    プラグイン版で作業する場合:

    フォトエディターを起動します。AKVIS AirBrush プラグインは、Adobe Photoshop、Adobe Photoshop Elements、Corel Paint Shop Pro、他の多くのフォトエディターとの互換性があります。

    お使いのフォトエディターでイメージを開くには、 [ファイル] > [開く] コマンドを実行するか、ホットキーであるCtrl+Oキー、Mac OS の場合+Oを使用します。

    その後、フォトエディターの[フィルター(または効果)]メニューからAKVIS AirBrush プラグインを呼び出します:

    AliveColorsの場合、[効果] > [AKVIS] > [AirBrush];
    Adobe Photoshopの場合、[フィルター] > [AKVIS] > [AirBrush];
    Corel PaintShop Photo Proの場合、[効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [AirBrush];
    Corel Photo-Paintの場合、[効果] > [AKVIS] > [AirBrush]。

    AKVIS AirBrush ウィンドウ
    AKVIS AirBrush ウィンドウ
  • ステップ 2:エアブラシ効果をスタンドアロン版で適用する前に、切り取りツール を使って写真の一部を切り取って構成(バランス)を調整することができます。

    プラグイン版の場合、フォトエディターでこの作業を行えます。

    切り取りツール
    切り取りツール
  • ステップ 3:エアブラシ効果のパラメーターを調整します([ペイント]タブ)。

    変換結果のサンプルが、プレビュー領域に表示されます。プレビュー ウィンドウとは、点線で囲われた枠を指します。この枠は、ドラッグしたり、イメージ上の任意の位置に新たに描画して(ダブルクリックで描画)、指定した部分を表示して確認/分析できます。プレビュー ウィンドウは、イメージの処理が開始すると消えますが、設定パネルのパラメーターを変更すると再び表示されるようになります。変換後のイメージと元のイメージを比較する場合は、イメージのプレビュー枠内をクリックしてください。

    プレビュー領域のサイズ変更は、[環境設定]ダイアログボックス で行います。

    AKVIS AirBrush でのクイック プレビュー
    クイック プレビュー
  • ステップ 4: をクリックして、新しい設定を基に写真を変換します。

    処理を中断する場合は、進捗バーの右側の[キャンセル]ボタンをクリックします。

  • ステップ 5:より印象的でリアルな作品にするために、 [装飾] オプションの[キャンバス][フレーム][テキスト]を使用できます。

      ヒント:装飾効果の追加順は、タブの位置に対応しています。順番を変更するには、タブをドラッグします。


  • ステップ 6:お好みの設定内容をプリセットとして保存し、後で使用することができます。プリセットは3つのタブで共有されます。

    プリセットを保存するには、 [プリセット]欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。今後、このプログラムを実行した際は、このプリセットの設定が使用されます。各種パラメーターの値を変更した場合、[リセット]ボタンをクリックすることで、プリセットの初期設定に戻すことができます。

    プリセットを削除するには、一覧から目的のプリセットを選択し、[削除]をクリックします。

    プリセットを指定してイメージを処理するには、ドロップダウン メニューから選択し、 をクリックします。

    ボタンを使用してプリセットのインポートやエクスポートもできます。

  • ステップ 7:画像の仕上げとして、指先ツール 履歴ブラシ が利用できます。(Home Deluxe/Business ライセンスのみ、[処理後]タブよりアクセス)。

      注意:最終処理段階で使用します。 ボタンで処理を再実行した場合、ブラシを使用した編集が失われる場合があります!

  • ステップ 8:処理画像を共有するには、 をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、Twitter、Flickr、Tumblr、Google+ が含まれます。

    スタンドアロン版では、印刷 を行うこともでき、その場合は、 をクリックします。

    結果
    結果
  • ステップ 9:結果を保存します

    - スタンドアロン版で作業する場合:

    をクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして適用します。AKVIS AirBrushプラグインが終了し、画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行ないます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法  — 操作方法
   — エアブラシの技法を — エアブラシの技法を
   — キャンバス — キャンバス
   — フレーム — フレーム
   — テキスト — テキスト
   — AirBrushプリセット — AirBrushプリセット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — オリジナルTシャツをデザイン — オリジナルTシャツをデザイン
   — AirBrushのギャラリー — AirBrushのギャラリー

 

AirBrush v. 5.1 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー