AKVIS Watercolor: 水彩画技法を使用した効果

水彩画技法を使用した効果

AKVIS Watercolor は、写真を鮮やかな水彩画に変換します。数回のクリックだけで、オリジナルの芸術作品を製作することができます!

画像から水彩画への変換に必要なパラメーターの変換は、設定パネルで調整できます。

元の写真 写真を水彩画に変換
写真を水彩画に変換
(イメージにマウスオーバーすると、元の写真が表示されます)

効果パラメーター

紙の色: 紙の色を指定します。パレットをダブルクリックすると、[色選択]ダイアログを呼び出すことができます。

白い紙
白い紙
淡い赤色の紙
淡い赤色の紙

ストロークの太さ (設定可能範囲は 1~100): ブラシ ストロークの幅を調整するパラメーターです。

細いストローク
サイズ = 10
太いストローク
サイズ = 40

ストロークの最大長 (設定可能範囲は 1-200): ストロークの長さの最大値を設定するパラメーターです。

ストローク(短)
ストローク最大長 = 40
ストローク(長)
ストローク最大長 = 160

ドライ ブラシ (設定可能範囲は 0-100): パラメーター値を上げることにより、ドライ ブラシ画法をまねることができます。ストロークの滑らかさは失われ、ブラシの質感が強調されます。一方、パラメーター値を下げることでより滑らかで流れるようなストロークになります。

粗いストローク
ドライ ブラシ = 15
滑らかなストローク
ドライ ブラシ = 85

単純化 (設定可能範囲は 1-100): イメージをどの程度シンプルにするかを調整するためのパラメーターです。値が高いほどディテールがぼかされ、柔らかいタッチのイメージになります。

単純化 (弱)
単純化 = 5
単純化 (強)
単純化 = 50

ストロークの濃さ (設定可能範囲は 20-100): ブラシ ストロークに使用される絵の具の量(濃さ) を調整するためのパラメーターです。低い値では、より透明に近く、明るいストロークになります。

透き通ったストローク
ストロークの濃さ = 20
濃く太いストローク
ストロークの濃さ = 80

ばらつき (設定可能範囲が 0-100): ストロークの方向と幅をランダムに変更します。

ばらつき(低)
ばらつき = 10
ランダムなストローク
ばらつき = 90

彩度 (設定可能範囲は -100 から 100): このパラメーターは、ブラシ ストロークの点の色の強度を設定します。

淡いストローク
彩度= 10
明るいストローク
彩度= 90

滑らかなエッジ(設定可能範囲は 0-100): ストローク エッジの柔らかさ (滑らかさ) を調整するパラメーターです。高い値の場合、ウェット オン ウェット画法をまねて、ストローク間の遷移を滑らかにしてエッジ部分をぼかします。低い値では、エッジ部分はザラザラとしており、より鮮明になります。

不鮮明なエッジ
滑らかなエッジ = 20
鮮明なエッジ
滑らかなエッジ = 80

明るさ (設定可能範囲は 0-100): イメージを明るくするためのパラメーターです。暗い写真に使用すると、色をより透明で明るくすることができます。

明るさ変更せず (元の明るさ)
明るさ変更せず
明るい色
明るさ = 70

乱数開始値: これはフレーム上のストロークの分布を定義する、乱数生成の基となる値です。0から9999の任意の値を指定できます。それぞれの値は特定のストロークの分布に対応しています (その他すべてのパラメーターは変化しません)。

ストロークのランダムな配置
ストロークのランダムな配置

 

Watercolor v. 5.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード