AKVIS Charcoal: 操作方法
 

  お客様ページ  
   写真処理    ビデオ処理  ダウンロード   購入   チュートリアル   サポート   会社情報  
en  fr  de  es  pt  it  jp  ru  
 

チュートリアル: AKVIS Charcoal

操作方法

 

AKVIS Charcoal は、木炭やチョークを使用して描画した絵のように変換させます。このソフトウェアは、スタンドアロン プログラムとして、またフォトエディターのプラグイン フィルターとしても使用できます。

ライセンスの種類によってプログラムの機能が異なります。比較表をご覧ください。試用期間中にすべてのオプションを試すことができますので、利用環境に最適な種類を選んで購入できます。

写真から木炭/チョーク画に変換するには、以下の手順で行います。

  • ステップ 1:イメージを開きます。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    [ファイルを開く]ダイアログボックスを開くには、空のワークスペースをダブルクリックするか、 > の順にボタンをクリックします。使用可能なホットキーは、Windows の場合Ctrl+Oキー、Mac OS の場合+Oキーです。ワークスペースにイメージをドラッグすることもできます。
    スタンドアロン版は、JPEGRAWPNGBMPTIFF ファイル フォーマットをサポートしています。

    プラグイン版で作業する場合:

    使用するフォトエディター[ファイル] > [開く]コマンドを使用して画像を開きます。

    フォトエディターのメニューからプラグインを呼び出します。

    Adobe PhotoshopPhotoshop Elementsでは、[フィルター]メニュー > [AKVIS] > [Charcoal]
    Corel Paint Shop Proでは、 [効果] > [プラグイン] > [AKVIS] > [Charcoal]
    Corel Photo-Paintでは、[効果] > [AKVIS] > [Charcoal]をそれぞれ選択します。

    AKVIS Charcoal
    AKVIS Charcoal ウィンドウ
  • ステップ 2:効果をスタンドアロン版で適用する前に、 切り取りツール を使って写真の一部を切り取って構成(バランス)を調整することができます。
    プラグイン版の場合、フォトエディターでこの作業を行えます。

    画像の切り取り
    切り取りツール
  • ステップ 3:ペイントタブにある効果の設定を調整します。すぐに利用可能な(選択するだけ)プリセットを使用するか、パラメーターを手動で変更します。

    イメージの処理後の結果は、プレビュー ウィンドウ に表示されます。プレビュー ウィンドウは、ツールバーの ボタンが押されている場合、 [処理前]タブに表示されます。

    プレビュー ウィンドウに表示された木炭/チョーク画
    プレビュー ウィンドウ

  • ステップ 4:写真ン全体を木炭/チョーク画に変換する場合は、 ボタンをクリックします。

    進捗バーが表示されるので、 アイコンでスナップショットを撮影し、[停止] ボタンで処理を中断します。

  • ステップ 5:ストロークの方向ツール を使用して、自動変換での処理結果を編集できます。

    ツールを使用して誘導ラインを描画し、 ボタンをクリックして再処理を行います。

    自動変換時のブラシストローク 誘導ライン 修正されたブラシストローク
    自動変換時のブラシストローク 誘導ライン 修正されたブラシストローク

  • ステップ 6:より印象的でリアルな作品にするために、 [装飾] オプション、[キャンバス][フレーム][テキスト]を使用できます。

      ヒント:装飾効果の追加順は、タブの位置に対応しています。順番を変更するには、タブをドラッグします。

    キャンバスに描画した木炭/チョーク画にテキストを挿入
    木炭/チョーク画 + キャンバス + テキスト
  • ステップ 7: 変更したパラメーターの設定をプリセットとして保存し、後で使用できます。[プリセット] 欄にプリセット名を入力し、[保存]ボタンをクリックします。

    新しいプリセットを作成すると、すべてのタブで設定すべてが利用できるようになります。

  • ステップ 8:処理中に、プログラムは、変換の様々な段階のショットを生成します。半分ほど処理されているスケッチ画からほとんど完成に近い状態まで様々です。メイン ウィンドウの下部のタイムラインに表示されます。タイムライン内の変換の様々な段階のショットは、どれでも、クリックするだけで選択できます。最後の画像が最終処理結果になります。

    タイムライン ショット
    タイムライン ショット

    画像処理中のお気に入りの瞬間をタイムラインに追加するには、進捗バーの右にある ボタンを使ってスナップショットを撮影します。詳細はこちら

  • ステップ 9:以下の 後処理ツール木炭 チョーク 消しゴム 履歴ブラシ を使って写真の最終仕上げを行なうことができます。

      注意:これらのツールは、Home Deluxe版とBusiness 版でのみ利用できます。

      ヒント:後処理ツールは、最終段階でご利用ください。 ボタンで処理を再実行した場合、ブラシを使用した編集が失われる場合があります!

  • ステップ 10:処理画像を共有するには、 をクリックします。画像を公開可能なサービスの一覧が表示されます。サービスには、Twitter、Flickr、Tumblr、Google+ が含まれます。

    スタンドアロン版では、 印刷 を行うこともでき、その場合は、 をクリックします。

    木炭/チョーク画
    木炭/チョーク画
  • ステップ 11:処理したイメージを保存します。

    スタンドアロン版で作業する場合:

    > の順にクリックすると、[名前をつけて保存]ダイアログボックスが開きます。使用可能なホットキーは、Windows の場合Ctrl+Sキー、Mac OS の場合+Sキーです。ファイル名を入力し、ファイルの種類 (TIFFBMPJPEGPNG) を選択し、保存先フォルダーを選択します。

    プラグイン版で作業する場合:

    をクリックして結果を適用し、プラグイン ウィンドウを終了します。AKVIS Charcoal プラグインが終了し、画像がフォトエディターのワークスペースに表示されます。

    [ファイル] > [名前を付けて保存]コマンドを使用して[名前を付けて保存]ダイアログボックスを開き、ファイル名の入力、ファイルの種類の選択、保存先フォルダーの指定を行ないます。

 
操作方法 操作方法
   — ワークスペース — ワークスペース
   — 操作方法  — 操作方法
   — 木炭/チョーク画 — 木炭/チョーク画
   — タイムライン — タイムライン
   — ツールとそのオプション — ツールとそのオプション
   — キャンバス — キャンバス
   — フレーム — フレーム
   — テキスト — テキスト
   — プリセット — プリセット
   — 環境設定 — 環境設定
   — バッチ処理 — バッチ処理
操作例 操作例
   — ギャラリー:木炭画、チョーク画、紅殻チョーク画 — ギャラリー:木炭画、チョーク画、紅殻チョーク画
   — 木炭画スケッチ — 木炭画スケッチ

 

Charcoal v. 2.5 - 10日間の評価期間    ダウンロード

 

ページの先頭へ

 

  English  | Français  | Deutsch  | Español  | Português(Br)  | Italiano  | 日本語  | Pусский  |
Facebook | Twitter | YouTube | Forum
© 2004-2017 AKVIS. All Rights Reserved. 
プライバシー