AKVIS Refocus: 旧アルゴリズムを使用(リフォーカス モード)

旧アルゴリズムを使用(リフォーカス モード)

バージョン 5.0から、AKVIS Refocus新たなリフォーカス アルゴリズムを提供します。 旧アルゴリズムへ切り替えるには、[環境設定]ダイアログボックスをご利用ください。

リフォーカスモードは、ぼやけたイメージの鮮明度を高めます。イメージ全体の処理を行うことはもちろん、背景に対して手前の被写体などが目立つように指定部分のみピントの調整を行うこともできます。

最大限の結果を得るために、フォーカスの設定を調整します。

再フォーカスの最終結果を決定する[混合]の値を設定します。

フォーカスの実結果は、両方のパラメーター値を100に設定した場合に表示されます。ただし、ノイズが発生する可能性があります。

両方のパラメーター値が100以下の場合、フォーカス結果は元のイメージに溶け込むため、最終結果はよりリアルに見えます。

両方のパラメーター値が0の場合、結果イメージは、元のイメージと変わりがありません。

[リフォーカス]パラメータの調整

 

Refocus v. 8.0 - 10日間の評価期間    ダウンロード